運営者紹介

ごあいさつ

これからのパソコンの向き合い方

今やパソコン無しでは仕事ができない時代になりました。
最近では急速にリモートワーク化が進み、自宅で一人でテレワークというスタイルも一般的になってきました。

ところがいざトラブルが発生した時、どうすればよいでしょうか?
連休中や夜中でサポートに電話がつながらないかもしれません。
ネットで検索すると膨大な情報が出てきて何が正しいのか分からない。

そうならないよう、これからの時代はある程度の事態には自分で対処できるようになれれば安心です。

セルフリペアについて

修理に出すほどではない軽度の不調やレベルアップなどをこのサイトでは「セルフリペア」と呼んでいます。

海外ではパソコンやスマホの「セルフリペア」はくもないのですが、日本では一部のマニア以外ではあまり行われていませんでした。

そんな日本でも最近はトラブル解決に要する時間は機会損失に直結する、情報がたっぷり入ったパソコンを預ける事に抵抗を覚えるという考え方の変化とともに、「セルフリペア」への関心が高まってきているようです。

とはいえ、セルフリペアにはリスクもあります。
ネット上には不良部品もありますし、メーカーのサポートが受けられなくなったり逆に壊してしまう事にもなりかねません。

そこでダイナラボでは、誰もが安全にリペアしていただけるよう確かな部品や詳細な手順を整備しています。

再生部品と地球環境

本体が壊れてしまっても部品は使えます。 壊れたパソコンの部品も別の誰かのパソコンの新しい部品へと循環する事ができます。

コロナウイルスで工場や物流が止まった時でも、再生部品の在庫は無くなりませんでした。
この経験で再生部品の価値を再確認しました。
更に再生部品の整備を進めて行こうと思っています。

ありがたい事に、最近では全国からお礼、激励のメールや電話が増えてきました。
「もう壊れたからあげます」と古いパソコンを送ってくださる方もいらっしゃいます。

技術の進化が早く、求められる機能が変化し続けていきます。だからといってパソコンをどんどん買い替えていくのではなく、環境にあった形に自分でリペアしながら使い続ける=「セルフリペア」という新しい考え方を広めたい。 そしてもっともっと多くの方に利用してもらえるように、これからも一層のサービスの充実をしていきます。

「こんな事はできないか?」「こんなサービスが欲しい」というご意見もお待ちしています。

これからも「ダイナラボ」「ダイナブログ」「ダイナショップ」「ダイナラボチャンネル」を宜しくお願いいたします。

管理人 大名武久(だいみょうたけひさ)

名称 パソコン再生 リペア研究所(ダイナラボ)
責任者 高田敏彦(通称:大名武久(だいみょうたけひさ)
所在地 〒810-0013
福岡市中央区大宮2丁目6-11 第14泰平ビル 5階4号
お問合せ TEL:092-791-6670
活動内容
  • 旧東芝製ノートPC ダイナブック、サテライトの部品再生、修理、トラブル研究/改善
  • dynabook社で修理対応できなくなった機種のみ修理再生対応。
  • セルフメンテナンス/セルフリペアを安全に行うための情報発信(ブログ運営)、メンテナンス教育(分解/修理講座の開校)、及び情報端末(パソコン)に愛着を持って使ってもらうためのリサイクル/リユース活動への取り組み
  • パーツ販売事業、海外移住者へのパーツ配送

セルフリペアをもっと楽しく、もっと簡単にをモットーに活動中!

設立 2007年8月
運営サイト