ダイナラボについて

ダイナラボの成り立ち

私はダイナブックのマニアで、歴代の機種を分解、修理、カスタマイズして、記録としてブログに残しておきました。

2007年にパソコンやインターネットのサービスをする小さな会社を作ってからは、そこで遭遇する様々な問題と解決のノウハウなども 全てブログに残していきました。

いつしかそのデータが膨大になり、ありがたいことに全国から問い合わせをたくさん受けるようになりました。

そして時代の変化とともに「パソコンを自分でメンテナンス/リペアしてみたい!」という方が増えてきました。


背景には故障時の修理にかかる時間のロスを極力なくしたい情報管理の観点からパソコンを預けたくない、また修理に出すほどではないちょっとした故障レベルアップへのニーズもあるようです。

ところがブログやSNSなどで情報が簡単に手にはいるため、「できるかも?」と安易にやってみて失敗したというご相談もいただくようになりました。 ネット上にの情報は玉石混合です。
やり方が適切でなかったり、部品が不良だったりすればかえって壊してしまう事もあり得るのです。

そこで

と思い立ち、まずは部品販売のダイナショップを立ち上げました。

はじめは不良部品や海外から物が届かないなど様々な問題に直面しましたが、一つずつクリアしていき、安心して買っていただけるようになりました。

ダイナショップの部品の調達、検査体制などは以下の記事をご覧ください。

ダイナショップについてもっと詳しく

また、解説は当初はブログのみでしたが、「もっと分かりやすくできないか?」とYOUTUBEの動画配信を始めました。

これからも進化していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

ダイナラボは、「ブログ」「ダイナショップ」「YOUTUBEサイト」の中核となるポータルサイトです。

ダイナラボの仕組みについて詳しくはこちら

なぜ?ダイナブック専門なのか?


「dynabook/ダイナブック」に出会ったのは、私が東芝関係の会社に勤めていたからです。当時「dynabook/ダイナブック」という旧東芝ブランドはその品質の高さからパソコンのマニアやオタクの中で特別な存在でした。

そんなdynabookも誕生して30年。その間私は一貫して「ダイナブックファン」であり続け、古い機種から新しい機種まで自分で購入しては分解、研究、セルフリペアを続けてきました。

結局は私が個人的にダイナブックオタクだから「ダイナブック専門」というわけです。