2017年版 東芝ノートパソコン windows10の初期設定 dynabook R73/D etc

東芝ノートPCの初期設定はOSのバージョンによって変わってきます。特にwindows10の初期設定はマイクロソフトアカウントでセットアップなどが出てきたいため、その知らない人がセットアップをすると負のスパイラルに入り、なかなかセットアップが終わりません。

オフラインで設定をするためには事前に下記流れを知った上で実施してください。

初期設定

キーボードのレイアウトはこのままのMicrosoft IMEのままで良いです。

「スキップ」で抜けてください。

ライセンス契約をお読みください。

「接続が完了しました。さっそく更新プログラムの確認をしましょう。」とガイダンスされます。

「デバイスの電源を切らないでください。電源を切ると処理が正しく行われません。」とガイダンスされます。

「デバイスの電源をオンにしておいてください。できる限り速く処理していますので、もうしばらくお待ちください。」とガイダンスされます。

「更新作業が続いています。」とガイダンスされます。

「完了しました。最新の状態になっています」とガイダンスが出ます。

「個人用に設定」を選んでください。

ポイント!

オフラインアカウント」を選んでください。

「いいえ」で抜けてください。

ログイン名を付けてください。これは任意です。ローマ字が良いと思います。

ログインのパスワードを設定してください。付けない場合はそのまま「次へ」です。

コルタナの設定をする場合はしてください。

私は「いいえ」で抜けます。

デバイスのプライバシー設定の選択がでますので、選んでください。

無ければ「同意」で進んでください。

これで最終です。

完了!

部品販売サイト

東芝のノートパソコン(dynabook Satellite系)の修理部品などを販売しています。

パソコンは自分自身でメンテナンスしていくことで愛着がでます。

そうすると大きなトラブルが少なくなり、より安定したパソコンライフを楽しむことが可能です。

旧機種、新機種、新品バルク、中古、純正パーツなどを取り揃えていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

ダイナブック/サテライト部品販売

コメントは利用できません。

問合せはこちら

フォーム