デル DELL Optiplex790 HDD交換とwindowsXPへダウングレード実施

今回はDELLのOptiplex790をwindowsXPにダウングレードしてみます。

windowsXPの需要はまだまだありますが、中古品はどういう使い方をされているのか?分からない為、できれば新しい程度の良いものを探したいです。

このOptiplex790はwindows7機としてリリースされましたが、ダウングレードのwindowsXP版も販売されていましたので、ドライバーもデルのサイトに行けば入手可能です。

事務所の倉庫にあったので、早速利用してみます。

作業実施

先ず本体のHDDを新しいものに交換します。

交換方法は下記です。

交換が済んだらOSのインストールになります。

windows7のマシンをwindowsXPのマシンに変更する場合の注意点はHDDの読み込みの部分だけです。

windows vista移行はAHCIモードになっていますので、それをIDEモードもしくはATAモードに変更しなければインストールできません。

ディスクをセットして、BIOSの設定を変更してください。

起動後、F12でブートメニューになりますので、BIOSモードが選べる画面を選んでください。

SATA Operationを選ぶと、右側にATAモードが選べる画面になります。

その後、APPLY→EXITで抜けてください。

次にDVDでブートできるモードをどう画面で選んでください。

これでwindowsXPのインストールが始まります。

驚いたのはwindowsXPのアップデートがまだできたことです。

感想

先ほども言いましたが、windowsXPのダウングレードはHDDの読み込み部分だけを注意すると簡単にできます。

OSはwindows7に比べて非常に軽いので、ハードウェアのスペックが多少低くてもそこそこ動きます。

単にネットやメールだけであれば、この程度のマシンで良いと思いますが、テクノロジーの進化とは悲しいもので、長くそこに留まりません。

これからも最新OSに慣れていかなければならないのでしょう。

部品販売サイト

東芝のノートパソコン(dynabook Satellite系)の修理部品などを販売しています。

パソコンは自分自身でメンテナンスしていくことで愛着がでます。

そうすると大きなトラブルが少なくなり、より安定したパソコンライフを楽しむことが可能です。

旧機種、新機種、新品バルク、中古、純正パーツなどを取り揃えていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

ダイナブック/サテライト部品販売

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

問合せはこちら

フォーム