東芝パソコンDIY専門サイト ダイナブック サテライト コスミオ エクイアム

TEL092-791-6670
営業時間:9:30~15:00 土日祝休 不定期

パソコンでまだまだ楽しめる!

パソコンって仕事で使うものですけど活用法をもっといろいろ知りたい!パソコンを自分でメンテナンスしてみたい!という方が恐らく最近は増えているのだと思います。
それは買い替えることが難しい方や修理代が高いからという方もいると思いますが、一番は修理して使い続けたいという方がほとんどだと思っています。
もちろん私も使えるものは修理して使うという考え方が昔からあり、パソコンに関しては自分で何でも修理して楽しくパソコンと接しています。
今から14年前の2005年くらいから何気なくその修理方法やカスタマイズ方法をブログでアップしていると、ほぼ毎日のように相談を受けるようになり、全国同じことで困っている人が沢山いるのだとそこで知ったのです。
特にwindows95以降のパソコンはパーツ交換方式で組み立てられているものが多く、そんなに機械に強い方でなくても簡単に自分でメンテナンスできるようになっているのも事実です。
ですから自分でチャレンジしてみようという方が増えたのだと思います。
それから約14年間書き続けたブログの記事をデータベース化し、機種ごとの特性や部品の種類などが直ぐ分かるように蓄積していったことが恐らく今役立っているのだと思います。
そのブログは今でも書き続けている「パソコンライフをもっと楽しもう!」です。
私の場合は古巣が東芝関係の会社だったので、東芝製(現:Dynabook株式会社)のダイナブックやサテライトにはより愛着があり、それらの機種の特性などを専門に研究していました。
恐らく、今考えれば単にダイナブックの研究をしたかっただけなのかもしれません。
多機種小ロット生産で製造されていたdynabookはとにかく類似機種が多く、共通パーツが多いです。
何の部品が何で使われているか?そんなマニアックなことをバカのように調べて、いろいろな東芝パソコンを修理、復活するのが面白かったのです。
ダイナ・ラボを立ち上げたのはそんなパソコンをもっとプラモデル感覚で楽しみ、トラブルの解決方法やカスタマイズ方法などを知って楽しんで欲しく、ダイナブックファンをもっと増やしたかったのだと思います
単にそれから始まっただけと思います。

ダイナ・ラボとは

ダイナ・ラボとはダイナブックのラボラトリーと言う意味で東芝のパソコンを専門にDIY活動を行っている自称ダイナブックの研究所になります。
単にダイナブックの構造を研究したり、互換機種や互換パーツなどを調べることで様々な修理方法、機種特有のトラブルの問題解決法を研究したりして楽しみ、同じ内容で苦しんでいる人へ役立てるサイトになります。
今までの実験やノウハウと専門性を生かし、メーカーパソコンでもDIY感覚で楽しむことができるということを伝えたかったのです。
では、なぜ?ダイナブックだけなのか?
私が東芝関係の仕事をしていたということもありますが、やはりパソコンは「ダイナブック」というブランドが特別な存在に位置していたからだと思います。
今はデルやHP、レノボの海外勢に押されていますが、その昔、「dynabook や Satellite」というブランドは技術者にしか分からないその精度やクオリティが隠されている究極のパソコンブランドだったのです。
マイクロソフトと共同開発をしていましたので、OSとの相性が最も良いパソコンと言われていたのも事実です。
その証拠にユーザーは50代、60代の方が最も多く、皆さんdynabookを使いながら昭和を生きてきた方々ばかりで、そのほとんどの方が今でもdynabookを「修理」して使い続けています。
まだまだ、windows2000やwindowsXPのパソコンを使い続けている方も沢山いることも事実なのです。
そんなdynabookも誕生して今年で30年になりますが、そのブランドの価値は計り知れないものがあり、やはり私の中ではダイナブックというブランドが特別なのです。

私の生き方

では、私のことを少し話します。
私は2007年に脱サラして、インターネット関係の小さなほんの小さな会社を立ち上げました。 古巣は東芝コミュニケーションシステムサービスといって通信系の子会社の営業をしていたのですが、その前は新日鉄のシステム会社でコテコテの技術畑に居ました。
ダイナブックと出会ったのは恐らくその時だと思います。
オラクルで八幡製鉄所のデータベースを構築していましたが、メインフレームのIBMホストマシンとは別に古いDynaBook J-3100SSシリーズを使っていました。
当時は不動産バブルがはじけたとは言え、まだまだITバブル期だったので、システム系の仕事は沢山ありました。
私の周囲には当時コンパックやデック、タンデム社からヘッドハントされてきた技術者が沢山居て、そのスキルの高さに驚かされる毎日だったのです。
少しずつ能力に限界を感じたのと、仕事自体に面白さを感じなくなったので約6年のシステムエンジニア生活に終止符を打ちましたが、コンピュータに関しては非常興味があったので引き続きITの分野で生き続けてきました。
それから東芝関連会社で10年システム営業をして、38歳の時に今の会社を作りました。そして今年で51歳になります。
脱サラした時期はいろいろ大変でしたが、自分の好きなことをして楽しく生きているので、そういう苦労も苦労と感じないようになりました。
さて、そんな私の人生ですが、2017年くらいからはそこそこお金も溜まったので、何かに投資していくという意味も含め、楽しみながら稼ぎたいという気持ちが強くなりました。
そこで大好きだった趣味のパソコンのDIY専門店を開業したのです。
実は子供の頃から「専門店」に憧れていましたので、いつかパソコン専門店を作りたい?と心の片隅にいつもあったのです。
これが子供の頃からずっと抱いていた夢ですね(笑)
周りを見渡してもパソコン工房などDIY用のパソコン関連パーツを販売しているショップが沢山ありましたが、メーカー系部品を扱っている専門店はなく、国内では中華系企業のPCモンスター?くらいしかなかったのです。
パーツを売るだけでは量販店と同じになり、今から参入しても、全く意味がないと思ったので、大好きだったダイナブックの専門パーツショップを作ろうと考えました。
一般的にメーカー系部品は非売品ですので、私たちのような修理が好きなオタク野郎のほとんどはヤフオクで中華系ブローカーが出品している部品を落札するのが当たり前でしたが、ヤフオクや楽天、アマゾンなどは膨大な情報から部品を探す苦痛さがあり、なかなか本当に欲しい情報に行き届かなかったのです。
ですから、私が考えて「こんな店あったらなあ~」という発想で作ったのがこのパソコン部品工房 ダイナショップ福岡本店なのです。
海外で流通しているバルク部品を販売することになりますので、近所の福岡中央警察署に行き自分の構想を話すと、直ぐに「古物商の免許」を勧められ、2017年に古物商の免許を取得し本格的にオープンしました。
それからも、知人の弁護士に相談しながら、メーカー系パーツを販売するリスクなど、著作権や業務妨害に抵触しないか?など、あらゆる企業リスクを想定しながら、ここまで辿り着きました。
今では中国やマレーシア、ヨーロッパから東芝パソコンの海外バルク部品を取り寄せ、国内モデルの再生部品と共に販売しています。
「こんなパーツ売ってないだろうなあ~」とググった時に出てくるお店になれば嬉しいです。

大人のプラモデル感覚!

これからの時代に必ず生き残っていくのは「娯楽」です。
アベノミクスで経済は見かけ上良くなっているように見えますが、貧富の差が拡大していき、さらにテクノロジーの進化も含め人とのコミュニケーションが薄れていく時代がくると思います。
その中で娯楽はその隙間を埋めてくれる最大の処方箋となり、「娯楽」だけがこれからも進化し続けていくと思います。
なぜなら、人間は自分の趣味に関してだけは惜しまなく、投資していくからです。自分へのご褒美や、毎日頑張っているからこんな時くらいは。。。という気持ちが増えてきます。
パソコンも同様、ビジネスから切り離し、修理という概念からDIYという概念に必ず変わっていくでしょう。
メーカー系パソコンでもセルフメンテナンスの時代と共に「ちょっとここを変えてみたい」「ちょっとここを治したい」という考え方が増え今以上にDIY作業が拡大していきます。
私はそういう趣味としてパソコンを細部に渡りセルフメンテナンスを可能にしていきたいと考えていますし、もっとパソコンの面白さ、楽しさを知って欲しいのです。
子供の頃、プラモデルを買いにワクワクして行った「プラモデル専門店」同様、パソコンの「ダイナブック専門店」を作り、大人でもワクワクできるお店を作っていきたいと考えています。
それが私の大人のプラモデルという発想です。

壊れたパーツを修理して部品として再生!

とにかく、メーカー系パソコンの部品を入手することは難しいです。
ですから、中古のパソコンを部品に再生しています。
単純に分解してばらして売るのではなく、ダイナショップ福岡本店ではそういうパソコンを分解し「部品として再生」をしているのです。
もちろん、再生時にはクリーニングから部品個々の動作確認など、壊れかけた部品も正規の部品として再生しています。
ですから、部品が店頭に並ぶまでに時間を要してしまうのです。
さらに部品として取り扱いが無いもの、例えばネジやパンタグラフ、ネジ隠しシールなども再生できるものや互換に至るまで全てがここにくれば揃うというところまでやりたいと考えています。
ダイナショップ福岡本店は単なる部品専門店ではなく、部品として取り扱えない様々な修理パーツ及び互換パーツに至るまでダイナブックの全てのパーツが揃う専門店に育て上げようと考えているのです。
単にここに来れば揃うという概念以上に、新たな発見がここであるようなダイナブックの専門店になれば嬉しいです。
利益も大切ですので、ボランティアとは言いませんが、こんな部品売ってるかなあ~ということで検索すれば必ず出るように、今まで培ったウェブ系の技術もそこに活かすことができています。
これからはウェブ技術を作る側から使う側として転換していこうと考えていますので、これからもよろしくお願い致します。

注意事項

このダイナラボは株式会社東芝のパソコン事業(現:Dynabook株式会社)とは一切関係がなく、あくまでも独自スキルで行っているだけの個人サイトですので、ご覧になられた方はくれぐれもお間違いにならないようにお願い致します。
正式な修理などについては全てDynabook株式会社のサポートセンター(0120-97-1048)へご相談ください。
このラボはパソコンDIYに慣れた方やパソコンDIYをリスク承知で楽しみたい方やメーカーに相談できないレベルアップ、メーカー修理が受けられない方の相談/修理窓口です。
パソコンのセルフメンテナンスにはいろいろなリスクがあります。自身でメンテナンスすることでメーカー保証を受けられないだけではなく、メーカー修理さえできなくなる可能性もありますので、充分注意して行ってください。
いかなるトラブルに関しても、当サイトは責任を持ちませんので、くれぐれも注意してメンテナンスを実施ください。

管理責任者:大名武久

↑ PAGE TOP